« July 2010 | Main | October 2010 »

第9と「明るい部屋」

どこかの知らない人の、好きなものリスト。

クラシック音楽のトップ10。

Top Ten List #27: Best classical works

kromclovinfasho:

1. Beethoven’s 9th
2. Bach’s Mass in B Minor
3. Tchaikovsky’s 6th
4. Mozart’s 41st
5. Stravinsky’s Rite of Spring
6. Mahler’s 9th
7. Wagner’s Ring of the Nibelungs
8. Beethoven’s 3rd
9. Mussorgsky’s Pictures at an Exhibition
10. Beethoven’s 5th

念のため和訳。「1.ベートーベン:交響曲第9番」「2.バッハ:ミサ曲ロ短調」「3.チャイコフスキー:交響曲第6番“悲愴”」「4.モーツァルト:交響曲第41番“ジュピター”」「5.ストラヴィンスキー:春の祭典」「6.マーラー:交響曲第9番」「7.ワーグナー:楽劇ニーベルングの指環」「8.ベートーベン:交響曲第3番“英雄”」「9.ムソルグスキー:展覧会の絵」「10.ベートーベン:交響曲第5番“運命”」

どう見てもオーケストラ曲ばかりで(指環は楽劇)、室内楽や器楽曲、協奏曲とかがないのは偏っているし、10曲中3曲がベートーベンの交響曲というのもバランスを欠いている。とつぜん5位に「春の祭典」が入っているのも奇妙だ。まあ、誰もが納得できるトップ10などハナからないのだから、個人的なランキングでいいのだろうけど。

こういうリストは、普段クラシックを聞かないが、いつかはちゃんと聞いてみたいという人には魅力的なのかもしれないので、ざっとコメントすると。

ベートーベンの第9とかけて、ロラン・バルトの「明るい部屋」と解きます。そのこころは、どちらも「前言撤回」するでしょう。

ということで、ベートーベンの交響曲は、全部「苦悩から歓喜へ」のパターンに沿っていて、最初は我慢しつつ、最後の爆発に興奮するのがひとつの典型的な味わい方ということでいいはずだ。

で、第9は、最終楽章の冒頭で、バリトンが「O Freunde, nicht diese Töne! Sondern laßt uns angenehmere」(おお友よ、こんなんじゃなく<前言撤回>、もっと楽しく歌おうよ)と声を張り上げる。だから、最終楽章だけ呑気に歌うのは、この曲の精神に反している。

ましてや、有名なサビの部分だけ取り出すなんて愚の骨頂。とにかく、最初から寝ないで聞いて、フラストレーションを溜めて溜めて、最後に爆発するのがいいわけ。

でも、サビだけ歌う大バカものも救ってしまうのが、第9の凄さ。善人なおもて往生をとぐ、いわんやクソババアをや。そう考えながら聞くと、全体が楽しめると思う。

他の曲は、またの機会に(やらないかもしれない)。

キリンジ「風を撃て」のコゲ臭さの正体

キリンジの1stアルバム、「ペイパー・ドライヴァーズ・ミュージック」は、実に洗練されたいい盤だ。キリンジのベストワークに挙げる人もいるし、日本のポップスの到達点なんていう人もいる。

いまはアマゾンでも売っていないけど、レビュー20件のうち★5つが19件。残り1件も★4つでありながら「超新人級デビューアルバム」「なんてステキなアルバムなんだろう!。ありがとう!!」とまで書いているんだから。ほとんど★6つじゃないか。

全体的に、後の作品よりも脂っこいコクが少なく、すっきりした味わいだ。しかし、聴き終わったあとに舌に残るかすかな苦味、というか鼻の奥に残るコゲ臭さがある。これは何なのか。

ようつべで「風を撃て」を聴いて、ようやく気づいた。

問題は、0分51秒の「その暴れるシャツをなだめる間に」の「間にィ~」の1音。文字で書くと分かりにくいが、メロディが1音上がるはずのところで上がっていないので、伴奏のコードとぶつかって不協和音が出来ているのだ。

ライブ盤では、メロディはちゃんと1音上がっている(ラシ/ドドドドシシシシ/ララーラードーレ/レーーレ/ミー)。なのにアルバムでは、最後の音がミに上がらず、レのまま(1分50秒でも再出しているから、過失でなく故意)。

言い換えれば、エンジンとアクセルが同時に働いて、摩擦で煙が出てしまったような。「コゲ臭さ」の正体は、たぶんここにあったのだと思う。

これが路上に出ない「ペイパー・ドライヴァーズ」の音楽の真髄、とでも言っておくか。

amazon


December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

twitter

  • twitter